カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

6.観葉植物の状態・トラブルについて

Q.葉が茶色に変色しました。病気でしょうか?
A. 植物の葉の変色は、主に急激な環境変化が原因で起こる生理現象です。
例えば、多湿から低湿、高温から低温、明るい場所から暗い場所、といった環境変化によって植物に負荷がかかり葉の変色につながる場合があります。変色の程度にもよりますが、変色した箇所を取り除いて様子をみます。

Q.葉が落ちました。
A. 植物は生長過程で葉の更新をおこないます。
植物の落葉の主な原因は、葉の変色と同じく急激な環境変化もしくは老化によるものです。室温・湿度・光量などが極力安定した場所に置いて下さい。セラミック植物はゆっくりですが生長していますので、古い葉を落として新しい葉を出す場合があります。変色した葉ははやめに取り除きます。取り除く場合は無理にちぎらずハサミ等で切り取るか、手で触ってポロッと落ちる状態の時に取り除きます。

Q.葉が黒色に変色した。
植物が黒くなるのは急激な環境変化、特に急激に温度が下がったときによく見られる現象です。場合によっては枯死することもあります。朝夜の気温の変化が激しい窓際・直射日光を避けて置いて下さい。

Q.葉や茎がブヨブヨしている・やわらかい
「根腐れ」もしくは「病気」が考えられます。
水の量が多すぎると根が呼吸できずに根腐れしやすくなるのでご注意ください。根のあたりから異臭がする場合は根腐れと考えてよいです。この症状が出た場合は回復する可能性は低いです。

ページトップへ