カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

縁結びの木 梛(なぎ)

縁結びの木 梛(なぎ)
ナギ … 科名:マキ科/別名:チカラシバ、センニンリキ
漢字表記:梛、椥、竹柏(いずれも読みは“ナギ”)

梛(なぎ)の木は本州以南の温暖地に分布し、高さ20mにも達するほど生長する常緑高木です。
古来より縁起の良い植物とされています。
  • 日本各地の神社等にてご神木とされている。
  • 葉が丈夫(=切れない)であることから縁結びの木とされる。
  • 呼び名が凪(なぎ)に通じることから海の安全のお守りとされる。

各地でご神木とされる梛(なぎ)


熊野信仰の地ではご神木とされています。榊(さかき)のかわりにナギを神事に用いる神社は日本各地にあり、古代より神が宿る木として人々に大切にされてきました。

奈良・春日大社には国の天然記念物に指定されている「竹柏(なぎ)の純林」があります。
竹柏の純林
ほとんどがナギの木だけという樹林は世界でも稀な状態であるとのことです。
奈良といえば鹿。この地の鹿は天然記念物とされていますが、鹿はナギを食べないので食害を受けずにいたことと、神木として大事にされてきたことで、広い樹林として形成されていったと考えられています。
春日大社の梛(なぎ)

縁結びの木 梛


とても丈夫な葉をもつことから縁結び・良縁の木とされるナギ。

葉のカタチをみると広葉樹のような幅の広い葉を持っていますが、実は針葉樹なのです。
その葉脈は独特で、主脈が無く、縦方向にのみ平行に伸びています。この葉脈の方向に引っ張っても葉がなかなか切れないことから、縁結びの願掛け・お守りにするようになったそうです。その昔、女性が鏡の裏側にナギの葉を入れ、夫婦の縁が切れないように願ったとのこと。

実際に落ちていた枯葉を引っ張ってみました。
切れない梛の葉
葉脈方向に引っ張ると・・・確かに枯葉でも丈夫でなかなかちぎれません。
でも縦に裂くようにひっぱるとすぐに切れてしまいます。

この辺り、ただ願掛けをするだけではなく、想いやチカラの使い方・方向を間違えるとダメですよ!ということを示唆しているのかも?

源頼朝が北条政子とナギの木の下で逢瀬を重ね結ばれた、と伝わるなど、ナギが『縁結びの木』といわれる所以は数多くあります。

男女の縁だけでなく、大切な人とのご縁を結ぶという意味でビジネス・商売繁盛のご利益を授けてくれるとも言われています。

海の安全・厄除けのお守り 梛


ナギの読みが波の穏やかな状態をさす“凪(なぎ)”に通じることから、古来より船乗りや漁師がその葉や実を航海安全のお守りにしたそうです。

凪の海
和歌山県・熊野三山のひとつ、熊野速玉神社は古くから海の神・漁業の神の信仰があります。 熊野速玉神社には平清盛の嫡男・重盛の手植えと伝えられる推定樹齢1000年の梛の大樹があり、国の天然記念物に指定されています。
社の授与品として梛の実で奉製したお守りがあり、家内安全・縁結び・海上安全のご利益があるとのことです。

すべての苦難を“なぎ払う”とされ、海の安全以外にも様々な災厄除けのお守りとして今も大切にされている樹なのです。


【参考資料等】
・「樹木・大阪府の天然記念物(植物)概要」/大阪府教育委員会文化財保護課・大阪府伝統文化保護団体連絡会(発行:2012年3月)
春日大社公式サイト https://www.kasugataisha.or.jp/
和歌山県神社庁公式サイト https://wakayama-jinjacho.or.jp/(熊野速玉神社 紹介ページ)



さて、
そんな素敵なエピソードがたくさんある梛の木を、いつも身近に。
室内専用ミニ観葉植物mippo(ミポ)なら、てのひらサイズの梛をいろんな場所でおたのしみいただけます。
ミニ観葉植物 ナギの通販

その秘密は特許「セラミック植物栽培」技術。
mippoシリーズの観葉植物は、土を一切使用せず、水とセラミックで植物を育てる技術を用いています。
  • 土を使わず水だけで育ちます。
  • 肥料は基本的に不要です。
  • あまり大きくならないので、コンパクトなまま永くたのしめます。

10日から2週間に一度、減った分の水を少し足すだけのカンタン管理。
土を使わず衛生的で、室内の明かりでも育つので、キッチンやリビングなどに気軽に置くことができます。(※直射日光は避けてください)


幸福を呼ぶといわれる観葉植物 サンデリアーナ

幸福を呼ぶサンデリアーナ
ミニ観葉植物mippo(ミポ)シリーズの中で人気の植物『サンデリアーナ』。
熱帯地方が原産の常緑低木で、葉が笹のような細長い形をしておりストライプの斑が特長的な観葉植物です。原産地では5m以上に育つものもあるそうです。(セラミック栽培のmippoでは手のひらサイズのままです)


ミリオンバンブー
このサンデリアーナ、「ミリオンバンブー」や「ラッキーバンブー」という名前でも園芸店などで流通しています。画像のように何本かまとめて渦巻きのようにねじった加工をした植物を見かけたという方も多いのではないでしょうか。葉を落として茎だけで流通しているものも見かけます。

これらは生長したサンデリアーナの葉を切り取ったものです。茎だけの状態でも水に挿しておけば根が出てくるという非常に旺盛な生命力があります。
茎に節があるため、葉を落とすと竹のように見えるので“バンブー”という名が付けられていますが竹の仲間ではありません。

サンデリアーナは台湾や中国では縁起の良い植物とされており、神棚の装飾やお祝いの贈答品などに用いられているとのこと。その旺盛な生命力にあやかっての事でしょうか。竹のイメージから「富貴竹」「万年竹」「開運竹」という呼び方をし、開運、長寿、厄除け、出世などの縁起物として古くから使われてきたそうです。


サンデリアーナの花言葉は『幸福』『開運』『幸せな恋』。
その他にもいくつかあるようですが、とにかくおめでたいイメージがある植物のようです。


そんなサンデリアーナ、セラミック栽培のmippo(ミポ)なら室内で手間がかからずコンパクトなまま長くお楽しみいただけます。通常栽培の観葉植物のように大きくなりすぎて困ることがありません。
デスクに置けばいいことあるかも?!

ラッキーがあるかどうかは別として、生活の中にグリーン(植物)があると心地よさを感じます。mippo(ミポ)は水やりの回数が少なく(10日に1度程度)、肥料も不要なので手間がかからず、土を使わないセラミック栽培なので清潔です。暮らしの中で手軽に植物をおたのしみいただければ幸いです。


ページトップへ